盲目の歌手新垣さんの講演

 2018年度市民教養講座最終回の講師は、沖縄出身のテノール歌手、新垣勉さん。沖縄駐留の米兵でメキシコ系アメリカ人の父、日本人の母の間に誕生。母は当時10代で、母方の祖母に育てられた。父とは会ったこともない。生まれて間もなく事故で視力を失った◆テーマは「ひとつのいのち ささえることば」。周囲の人がくれるメッセージ(言葉)が人生を左右する。新垣さんの人生を決めた決定的な言葉は、歌のオーディションを受けた時ボイストレーナーに言われた「その歌声はお父さんのプレゼントだ」という言葉だったが、もっと幼い小2の時にもらった言葉も講演では紹介された。唱歌「シャボン玉とんだ」を階名(ドレミ)でうたえるように覚えなさい、という宿題が出たが、忘れて怒られた。しょげていると近所の高校生が「教室のオルガンを、時間がある時いつも『ドレミファソラシド、ドシラソファミレド』と弾いてごらん」。言う通りにすると、どんな歌をきいても階名がわかるようになった。絶対音感の獲得である◆高校時代、教会の牧師に「大きくなったらアメリカへ行って父を殺してやりたい」と思いを吐露したという。笑顔にそぐわない激しい言葉にハッと胸を衝かれた。その時何も言わず泣いてくれた牧師も、大事なメッセージをくれた一人。父に背負わされた重荷を、その父から受け継いだ明るい響きの歌声が取り払ってくれた。その考えを受け入れられたのは、幼い心に自信の源を与えてくれる人がいたことも大きいのではないか◆「帰れソレントへ」「潮来笠」「星のフラメンコ」「アメージング・グレイス」。環境による悲しみから解放され、自由な表現力を得た新垣さんの歌声は、どこまでも突き抜けていくように伸びやかだった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る