田辺の山火事 3ヘクタール焼き鎮圧

 24日午後から田辺市和田(大塔地域)で発生、延焼が続いていた山火事が、26日午前11時6分に鎮圧された。

 24日午後2時25分、住民から「山が燃えている」という通報があり、消火活動を開始。3日間にわたって燃え続け、田辺市消防によると、目測でスギ・ヒノキの植林や雑木林約3㌶が焼けたという。26日には市消防本部、市消防団から約120人が出動したほか、県警や自衛隊のヘリなども上空からの消火を続けた。懸命な消火活動によって火災は鎮火へと向かい、市消防は延焼拡大の恐れがなくなったとして「11時6分に鎮圧した」と発表した。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る