火にあたって無病息災

 印南町印南原の大歳神社(平野聖翔宮司)で15日、古いお札やしめ縄を焼く恒例の古神札(こしんさつ)焼納式(どんど焼き)が行われた。

 厳しい冷え込みのなか氏子らが参列し、平野宮司が集められた古神札に点火。炎が勢いよく燃え上がり、辺りは熱気に包まれた。

 祝詞を上げ、玉串をささげたあと、お神酒で乾杯。厄除けのぜんざいが振る舞われ、火を囲みながら、平野宮司は「縁起のいい火にあたり、無病息災で一年を過ごしてもらえれば」と話していた。

写真=古神札を投げ入れた火を囲む氏子ら

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る