火にあたって無病息災

 印南町印南原の大歳神社(平野聖翔宮司)で15日、古いお札やしめ縄を焼く恒例の古神札(こしんさつ)焼納式(どんど焼き)が行われた。

 厳しい冷え込みのなか氏子らが参列し、平野宮司が集められた古神札に点火。炎が勢いよく燃え上がり、辺りは熱気に包まれた。

 祝詞を上げ、玉串をささげたあと、お神酒で乾杯。厄除けのぜんざいが振る舞われ、火を囲みながら、平野宮司は「縁起のいい火にあたり、無病息災で一年を過ごしてもらえれば」と話していた。

写真=古神札を投げ入れた火を囲む氏子ら

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る