比井、志賀小 2021年春統合へ

 日高町の松本秀司町長と教育委員会委員でつくる同町総合教育会議が10日に中央公民館で開かれ、2021年4月をめどに比井と志賀小学校の統合を進めることを確認するとともに、統合に向けた志賀小増築案を絞り込んだ。

 昨年12月10日には小学校統合に関する検討懇談会から松本町長に「比井と志賀の2校統合が適当」とする答申を受けており、同会議があらためて統合の方針を固めた。志賀小の増築については、普通教室4室分を増やす方向で設計業者から第1案と第2案が出されていたが、コストが安く使い勝手がよいと思われる第1案を採用。既設校舎の東側と、校舎と体育館の間にそれぞれ平屋建ての施設を増築する。予算は6億6000万円。

 同会議では保護者や地域住民で組織する小学校統合推進委員会(仮称)を今後設置していくことも確認した。

写真=志賀小増築の第1案完成イメージ図

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。