梅の里トレイルランに254人

 みなべ町で2月24日、山道などを走る「梅の里トレイルラン2019」(同実行委員会主催)が開かれる。15日に出場者を締め切り、32㌔のロング部門に100人、15㌔のショート部門に154人、県内外から254人がエントリーした。

 トレイルランは山など未舗装の道を走って競う大会で、コースは同町谷口の町生涯学習センターをスタート。ショート部門は南部梅林、奥みなべ梅林を通り、大穂手街道を通過して清川球場でゴールとなる。ロング部門は同球場から三里峰を越えて高城公民館がゴール。

 実行委員会では大会を盛り上げようと、スタート地点の生涯学習センター周辺や町内の各公共施設にのぼりを立ててアピール。「大会を通じてみなべ・田辺の梅システムが世界農業遺産に認定された里山の魅力を広く発信していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る