寒さに負けず38年目

 日高川町玄子、浄土宗法性山円通寺の豊嶋英雄住職(64)は、ことしも6日から恒例の寒行を始めた。

 寒行は寒の入りの1月6日(年によっては1月5日)から2月2日までの間、夜間に「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えながら歩く修行。豊嶋住職は、網代笠に墨染の衣、手甲(てっこう)、頭陀袋(ずだぶくろ)を身に着け、伏鉦(ふせがね)を鳴らしながら周辺を歩いており、コースは1回に2、3時間程度、距離にして約15㌔となっている。

 27歳のころ「本来の僧の姿とは」と考えて始め、ことしで38年目。体調がすぐれない日もあったが、一日も休むことなくおととしには1000日を達成した。

 「38年目となりますが、常に初心の気持ちで臨みたい」と話し、気温7度程度と冷え込む中、出発。夜道に念仏の声と鉦の音を響かせ、中津川や千津川方面を歩いた。

写真=夜道を歩く豊嶋住職

関連記事

フォトニュース

  1. 使い方はどうぞご自由に

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る