同学年選手に力をもらい

 平成最後の年末年始は5連休だった。つい先日の話だが、思い返せば常に満腹状態。おなかはいっぱいでも時間になれば食べ、また食べの繰り返しだった気がする。おかげさまで久しぶりに乗った体重計に表示されたのは過去最高の数値。ベルトがきつくなってきたとは感じていたが、ここまで増えているとは思わなかった。

 そんなぐうたら生活の話はさておき、年末はウインターカップ(全国高校バスケットボール選手権大会)に興奮。バスケ部に入っていた高校時代を思い出してネットニュースで結果に熱くなった。なかでも印象的だったのは男子3回戦での能代工(秋田)の完敗。史上最多、20回の優勝を誇る能代工が中部大第一(愛知)に43―90で敗れた。3年ぶりの出場。ネームバリューは通用せず、2勝が精いっぱいだった、といったところだろうか。

 能代工と言えば田臥勇太選手(リンク栃木ブレックス)の出身校で、彼は高校時代3年連続で総体、国体、ウインターカップの3大タイトルを制し、後に日本人で初めてNBAでプレー。ちなみに筆者とは同学年。高校のときから同じ人間とは思えないほどすごかった。球界では松坂大輔選手(中日ドラゴンズ)がおり、いわゆる「松坂世代」の学年。元読売ジャイアンツの村田修一内野手、杉内俊哉投手ら5人が昨シーズン末で引退し、NPBで残る現役人数は一桁になったという。

 ことしに入って週1回のバスケに休まず行っている。ダイエットと健康のためで、スター選手と並べて語るのもおこがましいが、アラフォーになって体力の衰えは隠せない。しかし、第一線で活躍している選手がいる。彼らを応援し、力をもらいつつ、自分も頑張りたいと思う。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 藤娘がお出迎え

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM
  5. 鹿島神社明神祭

    5月 3 @ 10:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る