十日えびすへ飾り付け

 商売繁盛を願う「十日えびす」へ、印南町の山口八幡神社(岡田朝臣宮司)で8日、縁起物の福笹作りが行われた。

 ヒメササ500本を用意し、総代14人がタイや小判、「えべっさん」の飾りを取り付けていった。金額は2000円から。9日の宵えびすから10日の本えびす、11日の残り福まで3日間の「十日恵美須祭」で、招福俵や熊手、宝船とともに販売される。

 9、10日には巫女姿の福娘が参拝者に鈴を鳴らして福を呼ぶ。ことしの福娘は次の皆さん。

 9日=出口歩香(地方)、湯川未桜(浜)、久保阿由弥(津井)▽10日=山﨑結子(楠井)、久保花有(上野)、矢野真菜美(野島)

写真=福笹を作る総代

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。