シェアカフェ気まぐれ シェアカフェ利用者募集中

 印南町美里に17日㈭、レンタルカフェ「シェアカフェ気まぐれ」がオープンします。

 オーナーの井川さんは、千葉県出身。美里の広々とした見晴らしと目の前に咲く梅の花がとっても気に入ったそうです。同町の地域活性化に貢献したいという思いから古民家を改装し、シェアして利用できるレンタルカフェを提供。「気軽に自分の店を持ちたい」「独立のための経験を積みたい」「自分たちで料理を作って女子会をしたい」といった人が、料理教室、展示会、イベント、ワークショップなど、さまざまなイベントとして使用できる場となっています。

 ただいま利用者を募集中。設備は、和室2部屋、キッチン(冷蔵庫、オーブン、食器類)、駐車場を完備。ほかにも備えている備品などは自由に使えます。

 利用時間は午前10時から午後4時。利用料金は平日が3000円、土日3500円、共益費1日800円となっています。

 17日は、オーナーが作った蒸しずし(600円)やいなり寿司(500円、どちらもみそ汁、コーヒー付)、お抹茶セット(700円)など。18日㈮は、白浜町在住の矢野さんによるランチ(デザート、コーヒー付、1500円、予約制)が楽しめます。

写真=「借り手さんの自由にお使いください」とオーナーの井川さん

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る