インフルエンザ 警報レベルに

 県内のインフルエンザ患者が急増し、今月7日から13日までの患者報告数が警報基準を超えた。

 県健康推進課によると、県内49の定点医療機関からの患者報告数が2019年第2週で32・57人となり、警報基準(30人)を突破。各保健所ごとに1定点当たりの患者数が最も多いのは、新宮の59・33人で、以下田辺が44・57人、和歌山市が35・27人、湯浅が33・50人と続き、御坊は20・67人。

 17日の小中学校等の閉鎖措置は新たに8校あり、みなべ町の南部中が1年B組を17・18日の学級閉鎖とした。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る