インフルエンザ 警報レベルに

 県内のインフルエンザ患者が急増し、今月7日から13日までの患者報告数が警報基準を超えた。

 県健康推進課によると、県内49の定点医療機関からの患者報告数が2019年第2週で32・57人となり、警報基準(30人)を突破。各保健所ごとに1定点当たりの患者数が最も多いのは、新宮の59・33人で、以下田辺が44・57人、和歌山市が35・27人、湯浅が33・50人と続き、御坊は20・67人。

 17日の小中学校等の閉鎖措置は新たに8校あり、みなべ町の南部中が1年B組を17・18日の学級閉鎖とした。

関連記事

フォトニュース

  1. 必ず投票しましょう!

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る