わ~い、キノピー!

 美浜町の和歌山病院内にあるくろしお保育所(鳴海潤子園長)で18日、県のキノピー教室が開かれ、1歳から5歳児まで24人が楽しく森林の大切さを学んだ。


 最初に木の妖精(マスコットキャラクター)「キノピー」を紹介し、「みんなで森に行こう」という内容の紙芝居で木や森の役割を勉強した。恥ずかしがり屋のキノピーを園児みんなが大きな声で呼ぶとキノピーが登場。園児は大喜びで手を振ったり、名前を呼んだりしていた。一人一人お土産の塗り絵を受け取り、握手や記念撮影などで楽しく交流した。年長児の坂口蒼志君は「キノピーに会えてうれしかった。森を大切にして、遊びに行きたいと思った」と話していた。

写真=キノピーに抱きつき大喜びの園児

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る