なでしこリーグ 上西選手が大阪高槻入団へ

 御坊市出身で関西女子サッカーの強豪・姫路獨協大学で活躍している上西可奈子選手(大成中卒、4年)が、卒業後に社会人チームのコノミヤ・スペランツァ大阪高槻に入団することが決まった。なでしこチャレンジリーグ所属で、2部、1部へと昇格を目指している発展中のチーム。まずはレギュラー獲得が目標で、「なでしこリーグ昇格に貢献できるように頑張る」と張り切っている。

 姫路獨協では1年生のときからレギュラーとして活躍し、現在開催中の第27回全日本選手権大会(インカレ)ではチーム初のベスト4入りをしており、18日に準決勝を控えている。ディフェンダーのセンターバックとして鉄壁が持ち味のチームを支え、躍進の原動力となっている。

 4年生になったころはサッカーを続けるか迷い、就職活動もしていたが、「いましかできないことをしよう」とさらに高みを目指すことを決意。高槻のセレクションを受けたところ、「ぜひ来てほしい」と一発合格した。別の社会人チームのセレクションも受けて合格したが、チームの雰囲気がよく、なでしこリーグという目標に向かって選手の志が高いことから「よりレベルの高いところでやりたい」と高槻入りを決めた。

 「仕事をしながらのサッカーになるが、楽しみ。新天地での生活に早く慣れて、サッカーに集中できるようにしたい」とやる気満々。「目標はレギュラーで試合に出ることと、高槻がなでしこリーグに上がること。なでしこジャパンは考えていませんが、チームとしてレベルの高いところでやりたいと思っているので、トップリーグに昇格できるようチームに貢献したい」と張り切っている。

 ボールコントロールなど技術力が抜群。相手の裏をかく駆け引きのうまさにも定評があり、攻撃にも積極的に参加するオールラウンドプレーヤー。関西女子大学リーグでは2度、優秀選手にも選ばれている。

 小学1年から地元クラブ・アミザージでサッカーを始め、中学校ではベロー・ラ日高で男子に混じってプレー。高校は関西の強豪で全国大会常連の大阪桐蔭サッカー部に進学。1年生からレギュラーを勝ち取り、全日本高校女子サッカー選手権大会に3年連続出場した。

写真=社会人での活躍を誓う上西選手

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。