ことしも災害に備えよう

 新しい1年がスタートした。ことしは皇太子殿下が天皇陛下へ即位し新元号が始まる記念すべき年で、このほか消費税10%へ増税などもあり、日高地方では美浜町長選挙や各市長の議員選挙、県議選挙と選挙の年になりそう。さまざまな出来事があるが、忘れてはいけないのは災害への備えだ。

 昨年の「今年の漢字」には「災」が選ばれた。災害自体は近年、毎年のようにあるので、少し疑問に思ったが、昨年は台風による長期停電が大規模で発生したため、影響を受けた人が多かったことも「災」が選ばれた理由の一つにあったのかもしれない。日高地方でも多くの世帯が2日以上の停電になり、由良町の筆者宅でも2日近く停電し、暑い中、エアコンが使えず、寝苦しい夜を過ごしたのを思い出す。数日の停電でもかなり不便な生活となったが、大災害で停電が数カ月続くとなると考えるだけでもつらい。

 日高地方にも大きな被害をもたらすとされる南海トラフ地震。30年以内に80%の確率で発生するとされているが、熊本地震をはじめ昨年の大阪北部地震など近年西日本で多く発生している地震が前兆とみる専門家もおり、場合によっては数年以内に発生するかもしれず、もちろんことし発生する可能性も十分あるだろう。

 新たな元号は4月1日に発表され、5月1日から新元号になる。日本では昔から天災や疫病などが発生した際、新たな平和な年を願って改元していたという。ことしの改元で災害が収まり「今年の漢字」も「災」い転じて「福」となることを願いながらも、近い将来発生するとされる大地震への危機意識を新たにし、万が一の事態へ備えよう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る