ことしもおいしくできました

 年間で一番冷え込みが厳しくなるこの時期、由良町の衣奈漁港で風物詩となっているワカメの天日干しが始まった。

 毎年11月下旬、ロープにワカメの種付けをして沖合の海に沈めて育成。1月下旬から2月下旬まで水揚げされる。天日干しはまず、ロープにつるしたまま2日ほど行う。風が表面の海水を乾かすので、冷たい風が強く吹く日が適しており、厳しい寒さの中、ワカメが絡まないようほぐす作業を一日に3、4度繰り返す。その後は一本一本丁寧に根の軸と先を切って、ござに並べ、2次干しを2日間行う。

 切った軸はつくだ煮に加工し、名物「衣奈そだち」になる。衣奈のワカメはやわらかいのが特徴で人気。2次干し作業を行っていた小林美鈴さんは、「ことしもおいしいワカメができました。もうすぐ出荷できます」と話していた。

写真=ワカメをほぐして天日干し

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る