西山蒲鉾店 伝統の味を贈りませんか

 大正十四年に創業し、新鮮な食材と昔ながらの製法にこだわった、西山蒲鉾の蒲鉾。ことし1年お世話になった人への贈り物にいかがでしょう。

 「なんば焼」は、紀州で製造されている焼き蒲鉾で、紀伊水道で獲れた新鮮な魚をすり身にし、これに独自の調味料を加えて丹念に焼き上げた逸品。切り口に光沢があり、身は白く、弾力があり、まろやかな味が格別です。

 「ごぼう巻」は、なんば焼の姉妹品。やわらかく煮込んだごぼうと魚のすり身で成形し、魚の皮で巻き、同店秘伝のタレに浸し、ていねいに焼き上げています。歯ごたえとしょうゆの香ばしさがたまりません。

 同店の商品は、県が推奨する「プレミア和歌山」に認定されていて、水産庁長官賞をはじめ多くの賞を受賞しています。

 予算に合わせて箱詰めしてくれるので、気軽にご来店を。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る