美浜町長選 50代女性が出馬へ

 来年2月5日告示、同10日投開票の美浜町長選(町議とダブル選)で18日までに、50代の新人女性が立候補の意思を固め、年明け早々に出馬表明する見通しとなった。町長選へはすでに9月議会で現職森下誠史氏(63)=三尾・2期=が名乗りを上げており、現新一騎打ちの選挙戦が確実となった。

 50代の新人女性は「女性の立場、目線できめ細かい施策に取り組みたい」などと出馬の理由を語っているといい、年明けから出馬準備に入る模様だ。

 森下氏は元役場職員。2011年2月に現職を破って初当選し、15年2月の町長選では新人との一騎打ちを制した。新人女性が立候補すれば3回連続で選挙戦に臨むことになる。

 町長選はこれまで、いくつかのうわさが出ては立ち消えになりながら無投票ムードが続いてきたが、年末を迎えて一転。年が明けると、激しい前哨戦に突入する。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る