紀南カントリーに名物ジャンボ門松

 各地で迎春準備が進むなか、印南町南谷の紀南カントリークラブ(長岡修支配人)に、ことしも名物のジャンボ門松が登場した。

 高さ3㍍のビッグサイズで竹に松と葉ボタンをあしらい千両を飾って華やかに仕上げた。ことしもコース管理の従業員全員での手作り。中松正章さんをリーダーに「皆さんに良い年を迎えてもらえるように」と竹の切り出しからはじめ、約1カ月をかけ完成させた。

 冬休みに入り、友人と一緒にゴルフに来ていた近畿大学附属新宮高校の高木美咲さん(17)=印南町印南=は「大きい門松できれいですね。いいお正月になりそうです」と見上げていた。

写真=玄関前に飾られたジャンボ門松を見上げる高木さん㊨ら

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る