来年はいい年に…

 美浜町和田、陸上自衛隊和歌山駐屯地(外園浩幸司令)で22日、恒例の年忘れ行事が行われ、地元の森下誠史町長はじめ自衛隊和歌山協力会会員、隊員家族ら約180人が参加した。

 最初に外園司令、森下町長、自衛隊和歌山協力会会長代理の小池佳史さんら6人が「よいしょ、よいしょ、よいしょ」の掛け声に合わせて力強い餅つきを披露。続いて開会あいさつに立った外園司令は災害が多発した一年を振り返ったうえで「各種任務を無事に終えることができた。これは隊員一人一人の頑張りはもとより皆さんのご協力のおかげと強く感じている」と感謝の意を示し、「来年は災害が少なく、また日本、世界の平和を祈念しながら、地域に信頼され、頼りにされる駐屯地を目指して頑張っていきたい」と決意を新たにした。

 来賓祝辞、乾杯などのあと会食、アトラクションなどがあり、参加者は笑顔で交流を深めていた。

写真=外園司令(右から3人目)らが力強く餅をつく

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る