曽根酒店 若戎「純米酒 干支壷 己亥」

毎年楽しみにしている人が多い若戎酒造の干支壷。ことしも曽根酒店に入荷しています。

 

2019年の干支・亥を象った伊賀伝統の信楽焼のボトルに飲み飽きしない純米酒が入っています。緑深き伊賀青山の自然豊かな地で米の旨みを引き出し、じっくりと丁寧に醸した純米酒は、さわやかな香りと、ふくよかな味わいが楽しめます。冷やでも燗でもおいしく、お正月の料理とも相性抜群。縁起の良い酒「若戎」は、自宅用にはもちろん、年末年始の贈り物にも喜ばれます。3780円(720㍉㍑)と5400円(1・8㍑)の2種類あります。価格はいずれも税込。

 

「毎年好評をいただいている『吟譲酒 干支壷 己亥』がことしも入荷しています。亥の焼き物の中にお正月のお祝いにピッタリなお酒が入っています。飲み終わったあとは、置物としても使用できるので、玄関やリビングに飾りませんか。人気商品のため、今月の中ごろには品薄状態になってしまいます。お早めにお問い合わせください」。

 

また同店は、28日(金)から30日(日)の短期アルバイトを募集しています(学生可)。詳しくは、お問い合わせを。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る