台湾の高校生が日高高訪問

 御坊市の日高高校に5日、教育旅行中の台湾国立台東高級商業職業学校の生徒ら27人が訪れた。

 体育館で開かれた歓迎集会には、附属中生も含む全校生徒約820人が参加。池田校長は「本校生徒と交流を深め、日本の高校生活の一端を垣間見て楽しんでください」とあいさつした。

 生徒会長の山口瑛己君(2年)は英語で「昨年、修学旅行で台湾を訪れ、素晴らしいものがたくさんありました。皆さんも今回は短い時間でしょうが、日本を楽しんでください」と歓迎した。台湾の学生からは、国や学校の紹介、歌とダンスのプレゼントがあった。午後はランチ交流に続いて授業に参加。放課後は弓道部と箏曲部も見学、交流を楽しんだ。

 台湾の生徒たちは今月3日に来日し、猫の駅長がいる和歌山電鐵貴志駅の見学や紀美野町の民家でホームステイを体験。同校での交流のあとは大阪へと向かった。

写真=弓道部で弓の引き方を教わる台湾の生徒

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る