ソフトテニス全日本学生選抜インドア 石本さん準優勝

 第52回総理大臣杯全日本学生選抜ソフトテニスインドア選手権大会が25日に神奈川県の小田原アリーナで開かれ、御坊市出身で神戸松蔭女子学院大学の石本久美子選手(4年)のペアが準優勝の活躍をみせた。学生最後の大会を自身最高の成績で終わることができ、「満足しています」と笑顔。卒業後は和歌山に戻って社会人リーグでのプレーが決まっており、さらなる活躍を誓っている。
 

 夏の全国大会や西日本・東日本大会などでの上位成績者12組が出場し、3チームごとの予選リーグ、決勝トーナメントで熱戦を展開。夏の全国でベスト8、西日本大会で2位に入って出場権を獲得した石本さんは、同校2年の福田茉畝さんとペアを組んで臨んだ。

 予選は日本体育大学のペアを4―3、立命館のペアを4―1。決勝トーナメント初戦は早稲田大学のペアを5―0、決勝は日本体育大学のペアと対戦、一時、3―2とリードしたが逆転され、惜しくも3―5で敗れた。

 石本選手は大会を振り返り、「学生最後の大会だったので思いっきりプレーすることができました。決勝の相手は東日本優勝ペアで強かったですが、とってもいい試合ができたと思います」と満足した様子。卒業後は県内の企業に就職、実業団でプレーすることが決まっており、「実業団で成績を残し、ソフトテニスをもっと盛り上げたい」と話している。

 湯川小、湯川中、和歌山信愛高校出身。ソフトテニスは小学校のころからゆかわジュニアで始め、小学校と高校時代には全国へ出場。大学に入ってもさまざまな大会で活躍し、和歌山代表として国体にも出場している。

写真=準優勝に笑顔の石本㊧・福田組

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る