ショウロって知ってる?

 健全な松林でしか成長しないキノコで、高級食材ともいわれるショウロ(松露)。美浜町で、復活へ向けた取り組みがスタートした。地方創生事業の一つとして吉原公園周辺の再整備を進めている「ふれあいと健康と起業のまち創生協議会」の事業で、今月1日には県林業試験場から講師を招き、「よみがえれショウロ」と題したイベントが行われた。

 イベントは吉原公園南の松林内にある多目的室とその周辺であり、協議会メンバー、地域住民ら約40人が参加した。「菌根性きのこ活用による地域参加型松林保全」をテーマに講義を聞き、松林でショウロ復活へ作業。幅1㍍、長さ3㍍、深さ0・15㍍ほどの溝を3つ掘り、炭などを施して環境を整え、ショウロの胞子液をまいた。

 ショウロは松林の土中に生える、直径1~5㌢程度の球状のキノコ。今後、落ち葉かきを行うなど環境を整備していき、順調に成長すれば来年秋に収穫できる見通しという。町内では40年ほど前にたくさんのショウロがとれたといわれており、協議会では「来年秋には収穫体験、試食会のイベントを開きたい」と話している。

写真=吉原公園南の松林内で作業

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る