みなべの小谷町長 幼保の統合・移転方針示す

 みなべ町定例議会が6日に開会し、小谷芳正町長が行政報告を行った。

 津波被害が懸念される海岸沿いにある公立の南部幼稚園と南部保育所、私立の愛之園保育園の3園を、東吉田と南道にまたがって建設中の防災拠点施設用地内へ統合移転させることについて言及し、「民設民営として幼稚園と保育所を一体化させた幼保連携型認定こども園としていきたい。民設民営の主体については、愛之園にお願いしたい。開所は2022年4月を目指している」などと述べた。このほか台風による被害状況、世界農業遺産への外国からの視察、特産の梅のPR活動などについても報告した。このあと提案理由の説明などが行われた。会期は14日まで9日間。一般会計補正予算案など11議案を提案している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る