25日 日高川町で富良野自然塾出張講座

 人気ドラマ「北の国から」の脚本家、倉本聰さんが監修する「富良野自然塾」の出張講座が、25日に日高川町初湯川のみやまの里森林公園で行われる。自然の中を歩きながら地球の46億年の歴史をインストラクターから学ぶ取り組みで、参加者を募集している。

 NPO法人C・C・C富良野自然塾と自然塾・創成プロジェクトのコラボ企画。富良野で行っているプログラム「46億年・地球の道」を出張講座として和歌山で体験できる取り組み。46億年の歴史を460㍍の距離に置き換え、歩きながら要所要所でインストラクターが地球で起こった出来事をドラマチックに解説する。

 25日の講座では藤棚ロードを歩く。講師は富良野自然塾の中島吾郎さんで、倉本さんが監修した物語をパネルを使ったり、演技を取り入れるなどして説明する。ベニクラゲ再生生物学体験研究所代表の久保田信さんによる「田辺湾の海の生態系」をテーマにした講演もある。

 時間は午前10時から。対象は小学5年生以上。定員は40人。参加費は500円。昼食のおにぎり持参。

 同様の講座は23日に串本町、24日に田辺市・白浜町でも開催。来年4月21日には田辺市で倉本聰さんの講演会も予定している。

 日高川講座の申し込みは日高川自然塾小畑さん℡090―1484―3644、詳細は自然塾・創生プロジェクトのHP「https://www.shizenjukusousei.com/」。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る