2年ぶりにナベヅル飛来

 渡り鳥のナベヅルが6日午後2時半ごろ、美浜町和田、鶴泊橋南側の水田で確認された=写真=。翌7日朝にも同じ場所で餌をとっており、滞在場所に決めたとみられる。昨年は日高地方での滞在はなく、2年ぶり。

 ナベヅルは、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種Ⅱ類に分類されている希少な鳥。中国、ロシア等から冬には日本や朝鮮半島南部へ渡来して越冬する。今回確認されたのは6羽。両親とひな1羽の家族が2組とみられる。先月30日にも上空を飛ぶ姿が目撃されており、餌場を探していたとみられる。南紀カメラクラブ会長の中西次郎さんが撮影。「警戒心の強い鳥なので、近づかず望遠レンズを駆使して撮りました。久しぶりに日高地方へ来てくれた貴重な鳥、そっと見守ってあげたいと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る