来年はボクらの年だよ

 日高町原谷の「黒竹の里ぴかいち」は、来年のえとの亥(い)をイメージした黒竹民芸品を販売している。

 黒竹をカットして組み合わせたイノシシで、モモの造花や破魔矢で正月ムードを演出した大きなサイズ1頭(体長15㌢)=写真=と2頭が仲良く並んだ夫婦(体長12㌢)の商品は、10×15㌢の台に乗っており、各1000円で販売。1頭(体長12㌢)が10×10㌢の台に乗ったのは600円。いずれも粘土で作った鼻と真ん丸の目が特徴でかわいらしいイメージ。日高農産物組合民芸部の4人が10月上旬から製作しており、予約を受け付け中。販売所が今夏の台風被害でなくなったため、申し込みは金﨑まゆみさん℡090―5906―3466または℡0738―63―2101。

 えとの民芸品作りは、11年前の子(ね)から始まり、今回でちょうど十二支を1周する。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る