日高町職員が文化財保護研修

 日高町文化財研修が27日、午前と午後の部に分けて行われ、午前の部に職員43人が参加。講師に帝塚山大学文学部非常勤講師の裏直記氏(36)=志賀出身、大阪市在住=を迎えて「文化財保護活動とその目的」をテーマに講演を聴いた。

 比井地内、埋蔵文化財「天路山城跡(てんじやま・通称比井城跡)」での町道工事に関わる文化財保護法違反を受けての研修。裏氏は有形・無形文化財、伝統的建造物群、埋蔵文化財など8種類の文化財について説明した上で、同町内には比井城跡をはじめ、阿尾城跡、萩原古墳、小浦Ⅱ遺跡など67カ所にものぼる埋蔵文化財包蔵地があることを紹介。「誰かが把握しておかないと、今回のように破壊してしまう。職員一人一人が、自分の住んでいる地域に埋蔵文化財があるかどうかを知っておくだけでも違うと思う。また、現状はやぶの状態になっているが、年に1回、2回でも定期的に把握する必要があるのではないか」と指摘した。さらに「文化財は日本人の財産で、日本という国の特徴を示す唯一無二のものである。従来、我々の祖先が守り伝えてきたものをここに至って滅ぼすことのないよう、十分な配慮を持って維持管理することが大切。それらをただ収蔵、放置するのではなく、保存に支障のない手法で公開するなどの措置も講じてほしい」と呼びかけた。職員はあらためて町の文化財に対する認識を深め、今後の保護と活用を考える機会にしていた。

 裏氏は御坊市民俗文化財審議委員なども務めており、「日高地方で無音の鬼獅子は内原、志賀、小中(現在は中止)を含め11例あるが、実は全国的に見てもこの11例だけ。非常に珍しい芸能。うち土生の双頭獅子は県無形民俗文化財に指定されているが、他の鬼獅子も十分その価値がある」「池田の奴踊りは御坊祭の奴踊りよりも古いかもしれない」などと、自身の文化財研究を基にした考察も披露した。

写真=職員を前に講演する裏氏㊨

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。