御坊のキャンプ場が人気

 本年度から11月以降もオープンしている御坊市野口のオートキャンプ場は、利用者数がすでに昨年度1年間の2倍となる約4400人に上り、人気を集めている。1区画の広さや格安料金が好評でリピーターが増えたこと、キャンピングカーのオーナーズクラブとタイアップしたことによりSNSでの発信力が格段にアップしたことなどが要因。今後は利便性向上へインターネット予約もスタートさせる。

 管理・運営する市ふれあいセンターによると、昨年度1年間(4~10月)の利用者数は約2200人。本年度は4月から10月までで約3700人が来場しており、11月も27日現在で約700人を数え、倍増している。

 全国的なキャンプ人気もあるが、野口を利用した人が気に入って再び来てくれるリピーターが多いのが特徴。人気の秘訣は、1区画の広さだ。野口ではコンセントが利用できる電源サイトを20区画用意しているが、ほとんどが約300平方㍍あり、最も狭い所で150平方㍍が2区画、最も広い所は約400平方㍍もある。1区画100平方㍍でも広さをウリにしている他のキャンプ場もあり、野口の広さは際立っている。料金も1区画4620円とリーズナブルで、シャワー室、トイレ、手洗い場など施設も充実。フリーサイトも夏までは40区画まで予約を受け付けていたが、より広さをアピールするため、秋以降は25区画までにしており、広々と使えるところが好評。同センターによると、本年度に2回以上利用してくれた人は全体の2割を超えるという。

 キャンピングカー愛好家とタイアップしたことも利用客増につながっている。7月には、フェイスブックで3500人が登録している「キャンピングカー倶楽部(CCC)」、7000人が加盟する日本最大のキャンピングカーオーナーズクラブ「くるま旅CLUB」と、市ふれあいセンターがスクラムを組み、野口オートキャンプ場を「CCCパラダイス御坊」として全国に情報発信をスタート。キャンピングカー自体の利用はまだまだ少ないが、SNSでの情報発信の効果は大きく、予約増につながっている。

 キャンプ場はオープン当初から条例で期間を4~10月と定めていたが、キャンピングカー関係者から「11月はキャンプに最適」とのアドバイスを受け、本年度から11月以降も通年オープンしている。効果はてきめんで、11月の利用は夏休み中の8月やゴールデンウイークの5月を上回り10月とほぼ同数の約700人で最多。週末にはテントの花が咲いている。

 ふれあいセンターの林守さんは「いろんな要素が合わさってたくさんの人に利用してもらっている。設備をきれいにし、笑顔で対応などできることを徹底してさらにアピールしたい。予約客の利便性向上のため、ネット予約の準備も進めているので、出来次第スタートさせたい」と話している。

写真=11月も週末はテントの花が咲いている

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る