御坊で災害医療救護訓練

 御坊保健医療圏健康危機管理協議会は17日、御坊保健所や周辺病院を会場に、大規模震災発生時の健康危機管理を想定した関係機関合同の災害医療救護訓練を実施。医療や警察消防、自衛隊、自治体関係者らが参加、連携し、迅速で的確なけが人のトリアージ(患者の選別)や搬送を行った。

 東海・東南海・南海3連動地震が起き、日高地方で震度7の揺れを観測。イベント会場で大勢のけが人が出たとの想定で、御坊市消防が現地対策本部を設置し、各機関が情報共有しながら訓練した。

 トリアージは患者の重症度で治療の優先度を決める選別。現場で救出された人に、市消防の隊員が対応し、救護所に搬送した。救護所では医師らが2次トリアージを行い、タブレットで収容可能な病院を確認しながら搬送先を決定。本番さながらに取り組み、万が一に備えて連携を確認した。

写真=トリアージを行う市消防隊員

関連記事

2018年10月7日 森祭

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る