広がる車の楽しみ方

 1970年代後半、家庭用のビデオデッキが登場し、80年半ばから一般家庭にも急速に広まった。2000年以降、データの記録媒体はDVDへとかわり、VHSのカセットテープはいまや絶滅状態となった。

 ビデオデッキはテレビ番組を録画し、好きな番組をいつでも見ることができるのが魔法のように感じた。この驚きと感動はレンタルビデオ店の出現でさらに大きくなり、デッキの普及を強く後押しした。

 洋画のホラーが好きなある作家は当時、夏目漱石が柳家小さんの名人芸に感動、「同時代に生きる喜び」を感じたように、いつでも何度でも、ジェイソンの恐怖を味わえる「ビデオ時代に生きる幸せ」を語っていた。

 映画や音楽と同様、車の楽しみ方も時代とともに変化している。以前は好きな音楽を聴きながら走るドライブが最高のぜいたくだったが、テレビやDVD、Bluetoothもセットとなったカーナビの登場により、移動だけが目的ではなくなってきた。

 都会では複数の人が特定の車を共有するカーシェアリングの人気が高まっている。24時間いつでも借りることができ、レンタカーより安く、ガソリン代もいらない。10~15分単位の短時間利用も可能で、仕事や買い物に数百円で借りられる。

 この安さと気軽さから、あまり運転しない人には車を買うより経済的という話。達人になれば、車を借りても走らせず、空きスペースに止めて食事をしたり昼寝をしたり、読書や仕事の個室として利用するために借りる人も増えているという。

 音楽を聴きながらスマホを充電、自分に合ったエアコン温度で食事もできる。家族で買い物に出かける休日、駐車場で自分の時間を過ごすお父さんも多いのでは。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る