印南の小学校でキッズシェフ事業

 印南町の切目小学校(堀洋久校長)で14日、県調理師会の食育実践地域支援事業「キッズシェフ」体験が行われ、6年生19人ががめ煮(筑前煮)と丸十飯(サツマイモの炊き込みご飯)などの調理を学んだ。

 日高調理師会の更井喜作会長ら4人が講師を務め、作る料理は旬の食材をたっぷり使った和食のコース「霜月の一汁三菜」。子どもたちはかつおと昆布でだしをとり、包丁でニンジンを乱切りにしたほか、手綱寿司(たずなずし)や柿の胡麻酢和え、銀杏と零余子(ぬかご)の松葉打ちなど前菜の盛り付けも行った。

 グループ内で筑前煮のだしの味見を担当した庄門武尊君は、「しょうゆの加減がこれでいいのかどうか、すごく難しかったです」と話していた。

 キッズシェフ体験は本年度、日高地方は4小学校で行われ、次回は21日に日高川町の和佐小。年明けには同町の三百瀬小、山野小でも行われる。

写真=「うん、いいんじゃないですか」 更井会長がだしの味をチェック

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る