健康と向き合おう

 夏の健康診断で「便潜血反応が陽性、精密検査を要する」と判定され、3カ月の予約を待って先日、内視鏡による検査と治療(手術)を受けた。以前なら放っておいたかもしれないが、30代も半ばを過ぎ、そもそも便秘と下痢を繰り返しがちな体質。心配になり、きちんと病院に行ってみた。

 健診時の検便も子どものころ以来なら、もちろん内視鏡検査は初めてだった。振り返ってみると、前日から食事制限があり、その夜から絶食。当日は朝から大量の水と下剤を飲み、トイレに通う。まず感動したのはお腹が痛くならない下剤。そして温水洗浄便座を初めて使った。病院では点滴を麻酔と勘違いして不安になり、麻酔は麻酔で効果に驚かされたが、どれもこれもいい経験。ポリープを2つ切除してもらい、結果、いずれも悪いものではなく、本当によかったと思う。

 国立がん研究センターのがん情報サービスによると、大腸がんと新たに診断される人は1年間に10万人当たり103人。年齢別の罹患率は、40歳代から増加し始め、50歳代で加速、高齢になるほど高くなる。罹患率の男女比は、1年間に10万人当たり男性で121人、女性で86・4人とやや男性に多い傾向。男性は胃がん、肺がんに次いで3番目、女性は乳がんに次いで2番目に多いがんという。

 大腸がんの発生は生活習慣と関わりがあるとされ、赤肉や加工肉の摂取、飲酒、喫煙によって危険性が高まるそう。飲酒以外は後ろめたい気分。健康と向き合う必要があり、がんの早期発見、適切な治療を受けるため、あらためて健診の重要性を感じた。皆さんはきちんと健診を受けていますか。手遅れになる前に自分の健康と向き合おう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る