健康と向き合おう

 夏の健康診断で「便潜血反応が陽性、精密検査を要する」と判定され、3カ月の予約を待って先日、内視鏡による検査と治療(手術)を受けた。以前なら放っておいたかもしれないが、30代も半ばを過ぎ、そもそも便秘と下痢を繰り返しがちな体質。心配になり、きちんと病院に行ってみた。

 健診時の検便も子どものころ以来なら、もちろん内視鏡検査は初めてだった。振り返ってみると、前日から食事制限があり、その夜から絶食。当日は朝から大量の水と下剤を飲み、トイレに通う。まず感動したのはお腹が痛くならない下剤。そして温水洗浄便座を初めて使った。病院では点滴を麻酔と勘違いして不安になり、麻酔は麻酔で効果に驚かされたが、どれもこれもいい経験。ポリープを2つ切除してもらい、結果、いずれも悪いものではなく、本当によかったと思う。

 国立がん研究センターのがん情報サービスによると、大腸がんと新たに診断される人は1年間に10万人当たり103人。年齢別の罹患率は、40歳代から増加し始め、50歳代で加速、高齢になるほど高くなる。罹患率の男女比は、1年間に10万人当たり男性で121人、女性で86・4人とやや男性に多い傾向。男性は胃がん、肺がんに次いで3番目、女性は乳がんに次いで2番目に多いがんという。

 大腸がんの発生は生活習慣と関わりがあるとされ、赤肉や加工肉の摂取、飲酒、喫煙によって危険性が高まるそう。飲酒以外は後ろめたい気分。健康と向き合う必要があり、がんの早期発見、適切な治療を受けるため、あらためて健診の重要性を感じた。皆さんはきちんと健診を受けていますか。手遅れになる前に自分の健康と向き合おう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る