今夏の梅干し消費 記録的猛暑で過去10年最高

 ことしの夏場(7・8月)の梅干しの消費量が過去10年間で最高だったことが、総務省の家計調査で分かった。2人以上の世帯の購入量は2カ月で176㌘。前年同月146㌘と比べると20・5%上回った。記録的な猛暑といわれ、熱中症予防などとして消費が伸びたほか、テレビで効能が紹介されたことも大きく影響した。

 2009年以降の総務省の7月と8月の家計調査(2人以上の世帯)をみると、ことしの7月は過去10年間で最高となる101㌘を記録。10年間の7月の平均79・3㌘より27・4%増、昨年の78㌘に対しても29・5%上回った。8月は75㌘と前月(ことしの7月)よりも下回ったが、過去10年間でみると16年の81㌘、10年の79㌘に次いで3番目。10年間の8月平均の71・7㌘よりも4・6%の伸びとなった。

 梅干しは食品を腐りにくくするほか、熱中症予防にも効果があるとして昔から「夏場が暑いほどよく売れる」と言われている。ことしは記録的な猛暑で、埼玉県熊谷市で気象台観測史上で最も高温となる41・1度を観測。龍神村湯ノ又の観測所でも過去最高となる36・7度を記録した。さらに7月3日にテレビで「梅干しが熱中症に効果的」と放送されたことも拍車をかけ、売れ行きの好調が続いた。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る