人権について考えましょう

 印南町のAコープいなみ店で27日、同和運動推進月間(11月1日~30日)と人権を考える強調月間(11月11日~12月10日)の街頭啓発が行われた。

 日高振興局や印南町の職員、印南中学校の教員と生徒会役員が参加。買い物客らに啓発物品を配り、同和問題に対する正しい理解や一人一人の課題として人権について考えるよう呼びかけた。

 印南中の生徒会役員は会長が鈴木蓮清君(2年)、副会長が庄門倭君(同)と湯川陽菜さん(同)、書記が中家来都君(同)と畑中舞桜さん(1年)。積極的な活動で意識高揚に一役買っていた。

 30日、町体育センターで開かれる人権福祉講演会のチラシも配布。鈴木君は「同和問題や人権について考える機会になればいいなと思います」と話していた。

写真=買い物客に啓発品を配る印南中の生徒

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る