みなべの新福寺で51年ぶり晋山式

 みなべ町山内の西山浄土宗、無量山新福寺で11日、秀空武俊(原田武俊)住職(77)が退き、長男の圓空俊覚(原田俊覚)副住職(44)が住職を引き継ぐ儀式、晋山式が行われた。昨年、第三十六世武俊氏が住職歴50年を迎えたのを機に退山・晋山の話が持ち上がり、晴れて俊覚氏が第三十七世に就任。和讃隊、総代、近隣住職ら約100人が見守るなか、本堂での晋山式に臨んだ。

 新福寺は1967年4月、第三十五世貫空俊一住職が他界し、後を受けて武俊氏が住職に就任。以来、本堂の再建や庫裏の改築、山門の建立などの事業を進め、住職歴50年を迎えた昨年、総本山光明寺から表彰を受けたのを機に、総代役員会等で世代交代の話が持ち上がり、ことし3月の檀徒総会で51年ぶりとなる新住職就任(晋山式)が承認された。

 俊覚氏は親請けの玉井家(山内)の仏壇に住職就任を報告後、寺の前で待つ和讃隊、総代役員、一般檀信徒、近隣住職らの行列に合流。南部新橋たもとの「水神さん」の前から寺まで百数十㍍をゆっくりと進み、頭に水冠、手には払子(ほっす)と錫杖(しゃくじょう)を持って山門をくぐった。

 武俊氏の退山式に続いて行われた晋山式では、俊覚氏に光明寺から住職の辞令が交付され、武俊氏からは寺の過去帳が手渡され、俊覚氏が第三十七世住職に就任。俊覚氏は本尊の阿弥陀如来に誓いの言葉を述べ、集まった総代、檀信徒らに「こうして無事に晋山させていただけたのも、幼少のころから私と弟をかわいがってくださった、ここにおられる皆さまのおかげ。お祝いのお言葉もいただき、感激で胸がいっぱいです」と感謝し、「いまの私はまだ力不足ですが、新福寺の法灯護持のために努力していきたいと思います」とあいさつした。

写真=山門をくぐり晋山する俊覚新住職

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る