おじいちゃんはどう?

 印南町の切目中学校(﨑山武司校長、生徒51人)で7日、福祉体験学習が行われ、生徒と保護者が高齢者や障害者の生活について理解を深めた。

 町社会福祉協議会の職員らが講師。高齢者体験ではベスト、サポーター、手袋、重りを身に着け体を動かしにくくし、いすの立ち座りや歩行、食べたり字を書いたりする動作を行った。2人1組でもう一人が介助。不便さや不自由な生活と介助の心得を学んだ。

 このほか、車いすと視覚障害者体験に取り組み、手話についても勉強。社協職員は「介助は相手の気持ちになって」とアドバイスを送り、2年生の杉本気翼君は高齢者体験のあと「いつもと全然違った。腕が重く、動きづらい。お年寄りの大変さがよく分かりました。困っている人を見たら手助けしたい」と話していた。

写真=高齢者体験に取り組む保護者と介助する生徒

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る