19年度県立高校定員 紀央館が1クラス減

 県教委は26日、2019年度の県立高校の募集定員を発表。本紙管内では、紀央館普通で1学級(40人)が減少となった。

 18年度では生徒数増加に合わせて日高普通と紀央館普通で1学級ずつ増加したが、19年度は日高地方の生徒数が前年度より約90人減少することなどから、紀央館で1学級減少となった。このほかの学校、学科は18年度と同じ。

 県全体では和歌山北普通で1学級、桐蔭普通で2学級増加するが、那賀普通、箕島普通で1学級ずつ、桐蔭数理科学で2学級減少。総募集定員は171学級6840人で、前年度に比べ2学級80人の減少となった。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る