風しん 和歌山県内も6人感染

 関東地方で風しん患者の報告数が大幅に増加しているなか、和歌山県内でも8月以降、6人の感染報告があり、県が妊娠前の女性らにワクチン接種を呼びかけている。

 県健康推進課によると、ことしの全国の風しん患者は今月14日までに1289人となり、2011年以降は大流行した2013年(1万4344人)、2012年(2386人)に次いで3番目に多くなっている。

 和歌山県では8月に新宮保健所管内で最初の患者報告があり、先月17日から今月21日にかけて和歌山市や岩出、田辺の4保健所管内で5人の報告があった。

 風しんは、妊婦がかかると生まれてくる赤ちゃんが耳が聞こえにくい、目が見えにくいなど先天性の病気にかかることがある。妊婦はワクチン接種を受けられないが、今後、妊娠を希望する女性は生まれてくる赤ちゃんを守るためにもワクチン接種が重要。

 県は19歳から49歳までの妊娠を希望する女性、妊婦の夫を対象に、ワクチン接種を無料で受けられる緊急助成事業を実施中。期間は来年3月末まで。問い合わせは県健康推進課℡073―441―2643。

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る