近畿高校野球2次予選 南部が日高に逆転勝ち

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選は2日、紀三井寺公園野球場で1回戦2試合が行われ、ベスト4が出そろった。地元対決となった第1試合は4回までに5点差をつけられた南部が中盤から県新人戦覇者の底力を見せ、鎌倉航の逆転2点本塁打、2番手・三木の好救援などで日高に大逆転勝ち。来春の選抜出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる秋季近畿地区大会進出(上位3校)へあと1勝とした。

南部
000030330 9
020300000 5
日高

 南部は5回2死満塁から三上の押し出し死球と鎌倉航の左前2点適時打で3点反撃。7回は2死三塁から三上が二塁強襲の適時打を放つと、続く鎌倉航が左越えへ会心の逆転2点本塁打をたたき込み、ついに5点差をひっくり返した。8回には無死一、二塁から湯川が二塁強襲の適時打。さらにバントで1死二、三塁と好機を広げたあと、小竹の中前適時打、三上の中犠飛で2点加え、試合を決めた。先発・鎌倉海は3回3分の1を5安打5失点で降板。4回1死二塁からマウンドに上がった三木は5回3分の2を3安打無失点と好救援。登板後、2死三塁としたあと適時打を浴びたが、その後は日高打線を散発2安打に抑え、チームに勢いを呼び込んだ。

 日高は2回2死一、三塁から楠山の一塁線を破る2点二塁打で先制。4回には杉元の右中間2点二塁打と安井の中前適時打で5点差としたが、5回以降は打線が沈黙した。先発・楠山は1人で最後まで投げ抜いたものの、南部に10安打を許してリードを守りきれなかった。

 1回戦(1日、紀三井寺公園野球場) 田辺4―3箕島(延長12回)、市和歌山2―1和歌山東(延長11回)

写真=南部7回、2死一塁から鎌倉航が逆転の左越え2点本塁打

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る