東京大田市場でゆら早生PR

 由良町の畑中雅央町長とJA紀州の津村耕平専務理事ら7人が5日、東京都の大田市場を訪れ、ゆら早生のトップセールスを行った。

 畑中町長は、「ゆら早生発祥の地であることに誇りと情熱を持って生産。どこにも負けない高品質なミカンです」とあいさつ。同JAゆら撰果場山本俊希運営委員長は「度重なる台風など生産には苦労しましたが、おいしいミカンをお届けするため努力しました。その結果を味わってください」とPRした。試食会ではゆら早生の同JAブランド「ゆらっ子」を提供し、より一層の取引拡大を呼びかけた。

写真=ゆら早生をPRする津村専務(右から3人目)、畑中町長(同4人目)、山本委員長(同5人目)

関連記事

2018年10月5日 御坊祭2018

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る