東京大田市場でゆら早生PR

 由良町の畑中雅央町長とJA紀州の津村耕平専務理事ら7人が5日、東京都の大田市場を訪れ、ゆら早生のトップセールスを行った。

 畑中町長は、「ゆら早生発祥の地であることに誇りと情熱を持って生産。どこにも負けない高品質なミカンです」とあいさつ。同JAゆら撰果場山本俊希運営委員長は「度重なる台風など生産には苦労しましたが、おいしいミカンをお届けするため努力しました。その結果を味わってください」とPRした。試食会ではゆら早生の同JAブランド「ゆらっ子」を提供し、より一層の取引拡大を呼びかけた。

写真=ゆら早生をPRする津村専務(右から3人目)、畑中町長(同4人目)、山本委員長(同5人目)

関連記事

2018年10月5日 御坊祭2018

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る