日高町の比井城跡違反工事 議会が執行部を批判

 日高町議会臨時会は31日に開会。一般会計補正予算に計上している、比井地内の埋蔵文化財「天路山城跡(てんじやま・通称比井城跡)」の文化財保護法違反工事に伴う、工事可能エリア調査のための測量委託料300万円に関連して、議員から執行部に対する厳しい批判が相次いだ。

 本会議場では松本秀司町長が「多大なご迷惑とご心配をかけたことを深くお詫びしたい」と陳謝し、「再発防止と文化財の保存活用に努めたい」と約束。このあと、予算審議を一時中断して開いた全員協議会では、議員から「保護法違反の記者会見は教育長が行ったが、教育委員会だけの問題ではない。町長も含めて謝罪すべきだった」「今回の問題は町の恥であり、文化財保護の認識がなさ過ぎる」「今後、文化財調査などでどれだけ費用がかかる分からない」「現場が津波の避難地であることも考慮し進めるべき」などの声があった。松本町長は、「住民に迷惑がかからないよう最善を尽くす」としたうえで、「当時の担当職員の処分は考えていない。私や教育長の責任は十分検討したい」と述べた。

 このあと、本会議を再開し、一般会計補正予算など2議案を原案通り可決し、閉会した。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る