日高川町のフォレスト祭 丸太切り優勝チームに賞金10万円

 日高川町初湯川の美山ドーム周辺で、11月11日午前9時から第2回フォレスト祭が開かれる。4人1組で行うメインの丸太切り競争は、好評につき昨年より優勝賞金を3万円アップし10万円に。現在、先着30組で出場者を募集中。このほか昨年同様、木工教室やチェーンソーアートショー、フリーマーケットなどがあり、多くの来場を呼びかけている。

 町内各種団体や有識者で組織する同祭実行委員会が主催。おととしまで日高川ふれあい祭として開いていたが、昨年から森林をテーマにリニューアルし、内容も一新した。

 丸太切り競争は女子2人以上を加えた4人で1チーム。約10㌢の丸太を用意されたノコギリを使って順番に切り落としていき、4人が切り終わるまでのスピードを競う。昨年は22チームが出場。のこぎりの使い方に苦戦するチームもあったが、スムーズに切り落とすチームもあり、結果、御坊市のチームが2分26秒で優勝。中には仮装して出場するチームもあり、盛り上がっていた。賞金は2位が3万円、3位が1万円、4位が約1万円相当の産品で、賞金総額は約15万円となっている。

 チェーンソーアートショーでは日本を代表する「城所ケイジさん」が午前10時からと午後1時からの2回披露。木工教室(要予約)は午前11時からの女性向け椅子作り、午後1時から親子向けのペン立て作り。

 このほか苔(こけ)玉作り、木工品展示・販売、木の積み木遊び、お手玉体験、たにぐちチョコ販売、備長炭のつかみどり、フリーマーケットなど盛りだくさんで、町文化協会美山文化展も同時開催。フリーマーケットは1区画(2×3㍍)1000円で出店者を募集している。申し込み・問い合わせは同実行委員会℡0738―56―0324。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る