御坊の日高港で小型船転覆

 21日朝、御坊市塩屋町南塩屋の日高港内で小型船が転覆。乗っていた御坊市の73歳男性と65歳女性が海に投げ出されたが、近くにいた船に救助された。

 調べによると、転覆したのは長さ4・23㍍の小型遊漁船「岩城丸」(0・1㌧)。2人は近所に住む友人で、午前6時30分ごろから日高港の桟橋に船を係留し、釣りをしていたところ、午前9時ごろ、船尾付近から波が船内に入って転覆。近くのボートに乗っていた大阪市の50歳男性と堺市の44歳男性に救助され、御坊市内の病院に運ばれた。2人とも低体温症と診断されたが命に別条はないとみられている。油の流出などはなかった。

 田辺海上保安部によると、天候は晴れで、視界良好。波の高さは50㌢で、うねりはなかったが、北の風がやや強く、風速6㍍だった。同部が転覆した原因を詳しく調べている。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る