市民教養講座で金田一さんが講演

 2018年度第4回市民教養講座が27日、御坊市中央公民館で開かれた。クイズ番組等でおなじみの杏林大学外国語学部教授、金田一秀穂さんが「心地よい日本語~世界一受けたい日本語授業~」をテーマに語った。

 金田一さんはまず「御坊はいい所ですね。きょうは帰ろうと思っていたのですが、街を見てやっぱり泊まっていくことにしました。ゆっくり歩きたいと思います」と話し、観客にクイズを出すところから講演を始めた。「アボガドとアボカド、どちらが正しいか(正解=アボカド)」「『さわり』とは最初の部分か盛り上がるところか(正解=盛り上がるところ)」「ティー字路か、テイ字路か(正解=丁〈てい〉字路)」と出題し、3問全部正解した人が3人だったことを確かめて「800人の中で3人ということは、ほかの人の方が普通なわけですよ。正しい日本語なんてそんなもんです。お店で『アボガドちょうだい』『アボガドなんかありません。うちにあるのはアボカドです。あなた知らないんですか』なんて、そんなイヤミな店はつぶれてしまえばいいんです。言葉は、人と人とが心地よく過ごすためにある道具なんです。正確でも心のこもっていない言葉は美しくはない。正しいか正しくないかより、気持ちが通じることの方がずっと大切です」と訴えた。見れる、着れるなどいわゆる「ら抜き言葉」は乱れというより変化であり、「言葉は生きているのだから変化は当然」と説明。若者言葉は仲間言葉であり、TPOを心得て使えば何の問題もないとしたが、「大学の私の部屋に遊びに来た学生達が、私が『腹が減ったな』とつぶやいた瞬間『あざーす(ありがとうございます)』というのは腹が立ちますね」と笑わせた。「しかし、若者に迎合する必要はなく、気づいたことがあればどんどん言ってあげればいい。言葉の変化にはアクセルだけでなくブレーキも必要で、両方があいまって健全な言語変化が進んでいくのです」と話し、来場者は熱心に耳を傾けていた。

写真=「正しい言葉より心地よい言葉を」と金田一さん

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る