和高専の井元さん 国際生物学会議で県優秀賞

 インドネシアのスラバヤで13日、スラバヤ工科大学主催の国際生物学会議が開かれ、ポスター発表で和歌山高専(角田範義校長)専攻科エコシステム工学専攻1年生の井元誠志さん(丹生中学校出身)が最高の最優秀賞に選ばれた。

 インドネシアを中心に周辺国の大学生や研究者らが集まって成果を発表する会議。ポスター発表には34人が参加した。

 井本さんの発表は「メチロバクテリウムFD1株由来ホルムアルデヒドジスムターゼ遺伝子(fdm1)の大腸菌での発現と酵素fdm1の精製」。毒性の強いホルムアルデヒドを分解する酵素の発見と精製したことをまとめたもの。シックハウス症候群対策や工場の排水対策、医療分野で使われるホルマリンの処理などに貢献できる研究。参加者らに英語で発表し、見事最優秀賞1人に選ばれた。

 受賞に際し「国際会議でこのような賞を受賞できて光栄に思います。これからこの研究をさらに発展させていきたい」と話している。

写真=賞状を手に井元さん

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る