和高専の井元さん 国際生物学会議で県優秀賞

 インドネシアのスラバヤで13日、スラバヤ工科大学主催の国際生物学会議が開かれ、ポスター発表で和歌山高専(角田範義校長)専攻科エコシステム工学専攻1年生の井元誠志さん(丹生中学校出身)が最高の最優秀賞に選ばれた。

 インドネシアを中心に周辺国の大学生や研究者らが集まって成果を発表する会議。ポスター発表には34人が参加した。

 井本さんの発表は「メチロバクテリウムFD1株由来ホルムアルデヒドジスムターゼ遺伝子(fdm1)の大腸菌での発現と酵素fdm1の精製」。毒性の強いホルムアルデヒドを分解する酵素の発見と精製したことをまとめたもの。シックハウス症候群対策や工場の排水対策、医療分野で使われるホルマリンの処理などに貢献できる研究。参加者らに英語で発表し、見事最優秀賞1人に選ばれた。

 受賞に際し「国際会議でこのような賞を受賞できて光栄に思います。これからこの研究をさらに発展させていきたい」と話している。

写真=賞状を手に井元さん

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る