全日本空手道選手権 前田選手は悔しい5位

 直接打撃制(フルコンタクト)空手の体重無差別日本一を決める第50回記念オープントーナメント全日本空手道選手権大会(NPO法人全世界空手道連盟新極真会主催)が13、14日、エディオンアリーナ大阪で開かれ、優勝候補に挙がっていた新極真会和歌山支部御坊道場の前田勝汰選手(25)=美浜町和田=が準々決勝でまさかの敗退。5位入賞に終わった。

 男子は2014年の第46回大会以降、重量級の島本雄二選手(28)=広島支部=と入来建武選手(23)=東京城南川崎支部=の2強が決勝で対決。前田選手はおととし、昨年とこの2人に次ぐ3位に入り、昨年の世界ウエイト制軽重量級では優勝しており、今回は4年に及ぶ「島本・入来時代」に終止符を打つ存在として注目されていた。

 今大会は104人が出場し、第3シードの前田選手は4回戦まで3試合は問題なく勝ち上がり、続く準々決勝は昨年の世界ウエイト制軽量級王者の岡﨑陽孝選手(21)=千葉南支部=と対戦。序盤から得意の突きの連打で相手を圧倒したが、自分より小柄な岡﨑選手の顔面にパンチが入ってしまうミスが重なり、減点が響いて悔しい判定負けとなった。

 結果、上位4人に与えられる来年11月の無差別世界大会出場権は獲得できず、大会を制したのは2年連続で重量級の島本雄二選手。会場に駆けつけた和歌山の応援団からは「勝ってた」「もったいない…」という声も聞かれたが、前田選手本人は「岡﨑選手とは初対戦でしたが、ディフェンスがすごく上手で、パンチが流れてしまいました。結果は実力の差です」。来年5月には無差別世界大会代表選考を兼ねた階級別全日本大会があり、「反省して鍛え直し、今度は優勝して世界大会に出場したい」と前を向いた。

写真=突きと蹴りのコンビネーションで相手を圧倒する前田選手(準々決勝)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る