全国障害者スポーツ大会陸上 髙山選手が2冠

 第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会」正式競技の陸上競技(知・身)は13日から15日まで3日間、福井市の9・98スタジアム(福井県営陸上競技場)で行われ、県代表の山純代選手(38)=日高川町中津川=が肢体不自由者女子1部砲丸と同ジャベリックスローで2冠を達成した。

 2種目とも3投で争い、砲丸は3投目に4㍍17、ジャベリックスローは2投目に9㍍08をマーク。砲丸は和歌山(15年)、岩手(16年)の2位に続き、2年ぶり3度目の出場で初優勝を飾り、ジャベリックスローは初出場で栄冠を手にした。金メダル2つを手に「砲丸は5月の県大会で出した4㍍55の自己ベストに届かず、ぜんぜんダメでしたが、優勝できてうれしいです。ジャベリックスローは7㍍ぐらいだった自己ベストを大きく更新。10㍍ぐらい飛ばしたかった」と笑顔=写真=。今後へ向けて「もっと筋力をつけて来年、連覇を狙いたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る