全国ごてんまりコンクで宮原さん4位

 第49回全国ごてんまりコンクールは20日から22日まで秋田県で開催され、御坊市藤田町吉田の宮原浩子さん(75)が制作した「紅葉残照」が第4位となる秋田県観光連盟会長賞を受賞した。

 同コンクールには全国25都道府県から175人296点が出品され、技と美しさが競われた。

 宮原さんは手まり制作歴40年。日本てまりの会の教授で、日本手工芸指導協会の講師の免許を持ち、藤田コミュニティーでもてまり教室を開いている。受賞した「紅葉残照」は直径13㌢ほどで、30色以上の糸を使っており、紅葉をモチーフにした模様が黒地に映えるデザイン。トロフィーと賞状を贈られた宮原さんは、「好きで続けていることで、コンクールも参加することに意義を感じていましたが、入賞することができてうれしいです」と笑顔で話していた。

写真=受賞作を前に喜びの宮原さん

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る