ロボコン 和高専が3年ぶり全国へ

 第31回アイデア対決・全国高専ロボットコンテスト2018近畿地区大会(全国高専連合会、NHKなど主催)が28日に近畿大学記念会館で開かれ、和歌山高専Bチームが2015年以来3年ぶりの全国大会(11月25日に東京国技館)出場を決めた。上位入賞はならなかったが、ユニークな見た目のロボットで会場を沸かせ、アイデア賞と特別賞に選ばれ、審査員推薦枠を獲得した。

 全国の高専が自慢のロボットで競技する大会。今大会のルールは2台のロボットを使って、用意された8つのテーブルにペットボトルを立てていく「ボトルフリップ・カフェ」。下段のテーブルと上段のテーブルで点数が異なり、制限時間2分以内で、高い点数が取ったチームが勝利する。

 近畿地区大会には7つの高専からそれぞれA、Bの14チームが出場し、3、4チームごとの予選、決勝トーナメントで競い、優勝1チームと推薦2チームの3チームが全国出場権を獲得できる。

 和高専Bは知能機械工学科4年の上村綜次郎さん(貴志川中出身)がリーダーを務め、同学科4年の山本和波さん(海南市立第三中出身)が安全管理、電気情報工学科1年の白倉佳司さん(切目中出身)が操縦。

 ロボットはメイドをモチーフとし、インパクトを与えることに重点を置いて製作した「江楠マキナさん」。試合では2台のロボットが合体し、1台の巨大なメイドロボットになるパフォーマンスを見せ、会場から大歓声。手に持ったお盆の上のペットボトルを下段のテーブルに慎重に並べた後、上段テーブルを狙って頭上からペットボトルが噴出されると、さらに会場は盛り上がった。

 試合結果は予選で大阪府大高専Bに勝利したが、舞鶴高専Bに敗れ3位。決勝には進めなかったが、実用重視のロボットが多い中、見た目にもこだわったユニークさなどが評価され、推薦された。

 和高専は、以前は全国ロボコンの常連校だったが、ここ3年は出場できていなかった。これまでの全国での最高順位は準優勝となっている。

写真=メイド姿のユニークな女性ロボット

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る