マツタケはまさに秋の王様

 秋の味覚といえば,サンマ、クリ、ナシ、カキ、新米などとたくさんある。その中でもマツタケは値段が高く数が少ないため、秋の味覚の王様といえるだろう。なかなか国産のマツタケを味わうことは少なくなったが、松茸ごはん、焼き松茸などをすると、香りがあっておいしい。正確に表現すると、ほとんど食べたことがないため、「おいしいらしい」ということになるが、なかなか口にすることはできないのが本当に残念だ。

 しかし、以前はたくさんあった。筆者が小学生の時は父親が入札した山に家族でマツタケ狩りに行ったことがある。よく生える場所だと足で踏んでしまいそうになるほどで、その当時はコンテナに何杯も採れた。減少している原因はマツタケ菌が共存するアカマツがマツクイ虫の影響などで枯れて少なくなったことなどと言われている。

 近年は、外国産がスーパーなどの小売り店で多く並ぶようになった。取り扱い量では中国、カナダ、アメリカなどの輸入産が大半で、国内産は2%程度だという。ちなみに和歌山県はマツタケの生産ランキングで長野、岩手、岡山に次いで全国4位だそうだ。

 だが、ことしは全国的に豊作で、価格も例年よりは多少安くなっているという。夏の猛暑と9月の度重なった台風による降雨が十分にあったことが影響しているらしい。紀南地方でも最盛期を迎え、市場などはにぎわいをみせている。

 国内産のマツタケを食べた記憶を思い出すと、ずいぶんと昔まで遡ってしまう。ことしは豊作で例年よりも多少は安値とはいえ、まだまだ庶民にとっては手が届かない高嶺の花。昔に味わったあの国産の松茸ご飯が食べられるのはいつの日になるのやら…。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る